駅降りてすぐの大迫力! 日本の海守る護衛艦や潜水艦を間近で見られる公園 横須賀市ヴェルニー公園

【カメラを持って出かけよう!】

タグボートに曳かれて出港する護衛艦「いずも」=神奈川県横須賀市

タグボートに曳かれて出港する護衛艦「いずも」=神奈川県横須賀市

 日本の海を守る護衛艦、その姿を直接見る機会はあまりないだろう。そんな護衛艦を間近で見られる場所がある。神奈川県横須賀市のヴェルニー公園だ。(文・写真 イザ編集部 長谷川悠人)

 JR横須賀駅から徒歩1分と好アクセスのヴェルニー公園。フランス庭園様式を取り入れた公園として整備され、春と秋には様々な品種のバラを楽しむことができる。園名の由来になったフランソワ・レオンス・ヴェルニーは、江戸幕府に招かれた設計技師で、横須賀製鉄所を建てるために尽力した人物だ。横須賀製鉄所は日本海軍の横須賀造船所となり、戦後はアメリカ軍の横須賀海軍施設の一部となった。

 公園の入り口に近い記念館の脇を抜けて海に面した場所に出ると、海上自衛隊最大級の護衛艦「いずも」の姿が見えた。この公園は横須賀市の観光名所というだけでなく、海上自衛隊の横須賀基地や、米海軍の横須賀海軍施設に停泊する護衛艦などを間近で観覧できるとてもユニークな場所なのだ。

ヴェルニー公園のボードウォーク。奥には護衛艦「いずも」、試験艦「あすか」の姿も見える=神奈川県横須賀市

ヴェルニー公園のボードウォーク。奥には護衛艦「いずも」、試験艦「あすか」の姿も見える=神奈川県横須賀市

 逸見岸壁には「いずも」、さらに奥の吉倉桟橋にはこんごう型イージス護衛艦「きりしま」や試験艦「あすか」の姿も見えた。いずれも横須賀を母港とする船だ。公園の対岸には米軍横須賀海軍施設や米海軍のイージス艦、米軍基地内に拠点を置く自衛隊の潜水艦の姿もあった。

ヴェルニー公園は出港する護衛艦も間近で見ることが出来る=神奈川県横須賀市

ヴェルニー公園は出港する護衛艦も間近で見ることが出来る=神奈川県横須賀市

 午前9時過ぎ、タグボートが湾内を「いずも」の停泊する岸壁へと向かって移動する様子が見えた。どうやら出港準備が始まったようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ