最年少棋士、藤井聡太四段が15連勝 公式戦最多連勝記録を更新

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は1日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われた竜王戦6組で、金井恒太六段(30)に90手で勝ち、自身の持つプロデビュー以来の公式戦最多連勝記録を「15」に伸ばした。

 藤井四段は昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロデビュー。12月のデビュー戦で現役最高齢の加藤一二三(ひふみ)九段(77)を破って以来勝ち続け、4月4日の対局ではデビュー後11連勝の新記録を達成。26日には記録を14に伸ばした。また、非公式戦ながら、第一人者の羽生善治棋聖(46)=三冠=に勝利するなど、快進撃が続いている。

 藤井四段は「15連勝できて、自分としてはうれしい。プロとしてやっていける自信ができた。次局も今まで通り、全力を尽くしていきたい」と話した。

 次の対局は4日の新人王戦で、横山大樹アマ(26)と対戦する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧