眞子さま、皇居ご訪問 陸稲の種をお手まき

 天皇、皇后両陛下は21日午後、皇居内の畑で陸稲(おかぼ)と粟の種をまかれた。皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻、長女の眞子さま、長男の悠仁さまも軽装姿で参加された。眞子さまが婚約の準備を進めていることが明らかになって以降、両陛下と会われたのは初めて。

 天皇陛下は昭和天皇から皇居内での稲作を引き継ぎ、今年も既に苗代にもち米などの種もみをまかれた。他に畑で陸稲や粟を栽培しており、両陛下は例年、皇太子ご一家、秋篠宮ご一家とともに種まきや刈り取りをされている。この日は畑の畝に種をまき、土をかけられたという。

 秋篠宮ご一家が乗られたワゴン車は午後4時20分ごろ、北の丸公園側の乾門から皇居に入った。眞子さまは白のストライプ柄のシャツ姿で後部座席に座り、待ち受けた人々に笑顔で会釈をされた。皇居内には約1時間滞在されたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ