BOOWY、おニャン子… 上司の音楽のこだわり話は面倒臭い 対応法は?

 《群馬県高崎駅に伝説のロックバンド「BOOWY」と書かれたポスターが現れ、盛り上がっている。サラリーマン的に問題なのは、今月の会社の飲みの席で、男性上司から高い可能性でこの話題が出ること、それにどう対応するかということではないだろうか。[常見陽平,ITmedia]》

 「#BOOWY0807」というハッシュタグが、突然盛り上がった。群馬県高崎駅に伝説のロックバンド「BOOWY」と書かれたポスターが現れ、#BOOWY0807というハッシュタグが表記されていたからだ。群馬はBOOWYの氷室京介、布袋寅泰の出身地である。「再結成か?」という熱い声や、「また、ベスト盤でも出して集金するのでは?」冷ややかな声が散見された。

 個人的には、BOOWYほど引き際の美学が素晴らしいバンドはなかなかないので、再結成はむしろして欲しくないと思ってしまう。故郷の高崎でそのような表記があったということは、記念館でもできるのか、あるいは展示会でもやるのではないかと私は見ているのだが。

 とはいえ、数年前、氷室京介がライブ活動休止を発表した際に布袋寅泰が、彼の隣でギターを弾きたいという趣旨の発言をしている。メンバー全員、現役ということもあり、可能性はゼロではない。大槻ケンヂの名言「ロックバンドの解散とプロレスラーの引退は信じちゃいけない」をかみしめたい(担当編集Sくんは『宮崎駿の引退も信じてはいけない』と言っていた)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ