謝女流棋聖が勝ち、女流立葵杯は最終局へ

 囲碁の第4回女流立葵(たちあおい)杯三番勝負の第2局が18日、福島県会津若松市の今昔亭で行われ、前年覇者の謝依旻(しぇい・いみん)女流棋聖(27)が277手までで、藤沢里菜女流名人(18)=女流本因坊=に黒番4目半勝ちし、対戦成績を1勝1敗とした。前年までの会津中央病院杯トーナメントが、決勝三番勝負にあらためられ、第1局(16日)は藤沢女流名人が黒番中押し勝ちしていた。棋戦名は会津若松市の市花タチアオイにちなむ。

 最終第3局は23日に東京都千代田区の日本棋院で行われる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧