【教えて!goo】なぜネクタイを着けるのか? その歴史を紐解いてみると…

 最近はクールビズが浸透し仕事中でも着けないケースが増えているが、やはりネクタイはビジネスマンの必需品といえるだろう。スーツやシャツと上手にコーディネートされていると、魅力的に感じる女性もいそうだ。この、普段何気なく着けているネクタイではあるが、いつから男性ファッションに取り入れられるようになったのだろう? 今回は服飾文化史が専門の文化学園大学北方晴子教授に、ネクタイのルーツ、ネクタイの変遷、現在のようなネクタイが確立されるまでの歴史を紐解いていただいた。

 ■発祥は近世フランス!ネクタイのルーツ

 まずは、ネクタイのルーツについてだ。

「ネクタイとは、首や衿の周りに巻く帯状や紐状のアクセサリーを指します。ネック(首)にタイ(締める)の複合語で、フランス語では『クラヴァット』といいます。ルーツは、フランス国王ルイ14世(在1743~1715)時代に誕生したクラヴァットにさかのぼります。クラヴァットが誕生する以前は、肩全体を覆うほどの大きなレースの衿が流行していました。ところが1660年頃から男性のかつらが流行し始め、その長い巻き毛が大きなレースの衿を隠してしまうことから、かつらで隠れない胸元の方に衿が寄ってきたといわれています。それが現在のネクタイにつながっています」(北方さん)

 流石はおしゃれの国フランスだ。流行りの衿元をアピールすることが、ネクタイの発祥につながったようだ。

 「フランス語のクラヴァットという言葉については、ルイ14世の雇われ兵であったクロアチア人の首に巻いたスカーフにちなんだものといわれています。クロアチアはフランス語でクロアットといい、これがクラヴァットに転化したといわれています。1660年代に入るとクラヴァットは一般化していき、以後、男性服の装飾に不可欠なものとなります」(北方さん)

 元々は兵士用の装飾だったものが、ファッションアイテムとして定着していったのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ