敵は社内にあり! 抵抗勢力との向き合い方 「隠れた抵抗を見逃すな」

 《抵抗勢力の萌芽は、実は“微妙な兆候”として表れている-。隠れて分かりづらい抵抗の芽を見つけ、拾い、ケアすることが、後の円滑な意思疎通につながります。[榊巻亮,ITmedia]》

敵は社内にあり! 抵抗勢力との向き合い方 「隠れた抵抗を見逃すな」

敵は社内にあり! 抵抗勢力との向き合い方 「隠れた抵抗を見逃すな」

隠れた抵抗を見逃すと、後で“急成長”する

 「隠れた抵抗」とはどんなものか? ピンと来ない人もいるだろう。そして、それを見逃すとどうなるか? 実際の例を見てみよう。

【隠れた抵抗を見逃した事例】

 ごく一部のメンバーでプロジェクトを立ち上げ、プロジェクトの狙いやゴールについて議論したときのこと。その後、本格的に現状調査を始めようという段階で、プロジェクトに新たなコアメンバーのAさんが参画してきた。現状調査を進める上で重要なキーパーソンだった。

 Aさんに会い、プロジェクトの目的や進め方を時間をかけて説明した。その席でAさんはこんなことを言っていた。「うん、まぁ、いいんじゃない? でも少しだけ…。まぁ、いいのか。うん、いいですよ。頑張ってやっていきましょう!」

 Aさんは少し引っ掛かるところがありそうだったが、私たちが丁寧な説明をしたためか、納得してくれたようだった。新しいコアメンバーがプロジェクトの趣旨を理解し、前向きに取り組んでくれることが大事だったので、私はこのときホッと胸をなで下ろしたのを覚えている。

 しかし、これが甘かった。3カ月後、Aさんはこんな発言をした。「最初からハッキリ言っているが、このプロジェクトはうまくいかない。コンセプトが悪いよ」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧