「負げねぇぞ気仙沼」夫に誓った 老舗再建「のれん守る」

 東日本大震災で津波被害に遭った宮城県気仙沼市の鹿折(ししおり)地区で、夫と夫の両親を亡くした菅原文子(ふみこ)さん(68)が家業の老舗酒店を再建し、半年を迎えた。地酒のラベル「負げねぇぞ気仙沼」や夫に宛てた手紙が縁となり、京都をはじめ全国の人々に支えられてここまできた。今度は自分が地元を支える番。店舗には住民が集うミニホールを設け、コミュニティーの再生を目指している。(小野木康雄)

 平成23年3月11日、津波は菅原さん夫妻が営む「すがとよ酒店」も襲った。階段を上ろうとする夫、豊和さん=当時(62)=の手を文子さんが2階から握った瞬間、すさまじい勢いの波が豊和さんをさらった。

 屋根の上に逃れ、隣家の女性と2人で夜を明かした。悲しい、つらい、怖い。そんな感情は、わいてこなかった。黒い波とがれきに覆われた商店街をただ呆然(ぼうぜん)と眺め、寒さに震えながら生きることだけを考えた。

 4月には市内の別の地区にプレハブを建て、テントを張って店舗を仮設。自己流の毛筆で「負げねぇぞ気仙沼」と書き、地酒の瓶に貼って販売した。

 ラベルは復興へのシンボルとして反響を呼び、文子さんは浄土真宗本願寺派(本山・西本願寺)の僧侶が司会を務める京都のラジオ番組に出演。行方不明だった豊和さんに書いた手紙が和洋紙販売会社「柿本商事」(京都市)の「第2回恋文大賞」を受賞した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ