甘くみてはいけない夏に発作が悪化する「ゴキブリぜんそく」 とにかく駆除することが一番

 【気になるこの症状】

 これから蒸し暑くなると昆虫の活動が活発になる。部屋の隅に潜んでいるゴキブリも同じ。繁殖させてしまうと、思わぬ呼吸器疾患を招く場合がある。夏に急にぜんそく発作が悪化するようなら、「ゴキブリぜんそく」の可能性がある。

 【3割が抗体を保有】

 気道にアレルギー性の炎症が起こる「気管支ぜんそく」。代表的な原因物質(アレルゲン)としてダニやハウスダストが知られるが、ゴキブリも原因になるという。池袋大谷クリニック(東京)の大谷義夫院長(日本呼吸器学会指導医)が説明する。

 「米国の都市部の一部では、ダニよりゴキブリが原因の方が多いことが分かっています。国内のぜんそく患者のゴキブリアレルゲンの抗体保有率は約30%。その保有順位は、どの世代においてもベスト10以内です」

 細かくいえば、なぜか30~40代よりも50~70代の患者の方が保有率は高いという。

 【夏型肺炎との違い】

 「ゴキブリぜんそく」は、ゴキブリの糞(ふん)や虫体の破片などを吸い込むことでぜんそく発作が起こる。そのためダニなどの通年性と違って、ゴキブリが最も繁殖する夏季に発作が悪化するのが特徴という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧