【酒豪女子が行く】(5)あらゆる賞を総ナメにする2人のビール職人 芸術家肌の“戦友”と若き女性の“野望”

 クラフトビールに参入した伊勢角屋麦酒を襲った経営難。鈴木成宗社長(49歳)のリーダーシップで乗り切り、今では国内外の審査会で賞を総ナメにしているが、社長を支える男女2人の「ビール職人」の存在も忘れてはならない。何から何まで“正反対”だが自身の仕事に妥協を許さぬペアのケミストリーが、同社のビールを世界最高レベルまで引き上げた。そして2人の足取りにはビールに負けないほど(?)濃厚なドラマがあった。一方、順調に進んでいた“酒豪女子”のコラボビール造りは思わぬ緊急事態に…!?

 本場に「殴り込み」 道を開いた豪胆な社長の「同級生」

 「社長が『大会に出したビール、賞取れる自信あるか?』って毎日うるさく聞いてくるから、黙らせたくて『取れる。アメリカの会場まで行きましょう』って言った。そしたらかえって『行くか!』って言い出しちゃって、行ったらほんまに受賞してしまった」。3代目ヘッドブルワーの出口善一さん(50歳)は、2016年5月にアメリカで開催された「ワールドビアカップ」での銅賞受賞を熱く回想する。

 2年に1度開催されているこの大会は、“ビールのオリンピック”の異名を取る世界で最も権威ある審査会だ。伊勢角屋麦酒が出品した「ゴールデンドラゴン」は、アルコール度数が低く飽きずに飲み続けられるのが特徴。近年のアメリカで流行しているビアスタイルのため、ある意味「本場に殴り込み」の出品だった。「アメリカの大会で、そこでたくさん造られているスタイルで、おまけに現地のブルワリーは新鮮なまま出せる。そんな条件の中で受賞できたから嬉しかったですよ」(出口ブルワー)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ