60度以下の温水も熱源に活用 省エネと設備工事費の低減“一挙両得”

【スゴ技ニッポン】

 空調機器メーカーの日立ジョンソンコントロールズ空調(東京都港区)が、生産現場の発電機やエンジン、ボイラーなどの排熱の利用可能温度をより低温域にまで拡大し、従来の2倍の温度差で熱回収が可能な「一重効用ダブルリフト吸収冷凍機DXS」を製品化した。今年度から省エネルギー法に基づく定期報告で、生産設備などの運転で生じる排熱を未利用熱と定義し、エネルギー源として活用すればエネルギー使用量から差し引くことができることになったことから、低温排熱の活用として注目を集めそうだ。

 電気や燃料などを使って生産設備などを稼働させる際、投入したエネルギーの一部は稼働機器が生み出す熱に変換され、放出される。その排熱から温水を作り、エネルギー源として利用することは省エネの観点からこれまでも行われてきた。ただ、「温水を熱エネルギー源として使うには60~70度が限界だった。しかし、エネルギーの有効活用の観点から60度以下の温水も熱源として使いたい、との潜在ニーズがあった」と同社事業企画室主任技師の武田伸之さんは指摘する。省エネルギーセンターが2000年度に行った調査研究では、工場などから出る40度以上の排温水熱は原油換算で241万キロリットルと推計され、このうち40~59度が48.8%を占めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧