時差ビズ始動、満員電車解消へ企業も参加 小池百合子知事「意識改革が定着のポイント」

 東京都は11日、ラッシュ時間帯の混雑を緩和し満員電車を解消するため、計約260の企業や自治体などが時差出勤に集中的に取り組む「時差Biz(ビズ)」のキャンペーンを始めた。期間は25日まで。早朝に臨時電車が運行されるほか、時差出勤した人への特典もある。

 満員電車の解消は、小池百合子知事が昨年夏の知事選で掲げた公約の一つ。環境相時代に仕掛けた夏の軽装「クールビズ」にちなんで名付けた。3年後に迫った東京五輪・パラリンピックの期間中、都心の混雑を緩和する狙いもあり、来年度以降も実施予定という。

 小池知事は11日朝、都営地下鉄大江戸線の新宿西口駅で、早朝出勤者に飲料水を配布するPRイベントを視察。世田谷区内のシェアオフィスも見学した。その後、報道陣の取材に応じ、「満員電車で長時間労働は大量生産、大量消費の高度成長期の名残。意識改革が(時差ビズを定着させる)ポイントだ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧