恐怖のヒアリ、毒に敏感な人は数%程度 冷静な対処を

 《ヒアリ、怖いです、政府の完璧な対応を国民は望んでいます》(市川海老蔵)

 《恐るべし、ヒアリ!》(鈴木亮平)

 と屈強な男たちがこぞってブログでヒヤリとしている相手は、南米原産で強い毒を持つ「ヒアリ」。6月中旬に国内で初めて神戸港で見つかると、名古屋港でもその姿を確認。7月に入ると大阪港で繁殖の恐れがある「女王アリ」の死骸が見つかり、7日には東京港の大井埠頭でも100匹以上が、10日には愛知の内陸部でも発見された。

 まさかウチの庭にも…と心配になっている人も多いのではないか。ヒアリはアメリカで多数の死者を出しているとされ、「殺人アリ」とも呼ばれて恐れられている。昆虫に詳しい琉球大学農学部の辻和希教授が解説する。

 「色は赤茶色。体の大きさがバラバラで体長2.5~6.5mmとさまざまなことが特徴です。噛むのではなく、お尻にある蜂のような針で刺します。かなり痛いです。ヒアリという名前は『刺されると火がついたように痛い』という意味でつけられました」

 しかも、ただ「痛い」だけではない。

 「刺されると毒のせいで傷口に小さな水ぶくれができ、周囲が赤く腫れます。痛みはその日のうちにおさまりますが、翌日には水ぶくれの中が膿んで、痒みは1週間から1か月ほど続くことがあります。

 さらにいちばん怖いのはアレルギーです。刺されたあと数分から数十分で、動悸、全身のじんましん、血圧低下、意識昏倒などのアナフィラキシーショックを起こす可能性があります」(辻さん)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ