ホッキョクグマのイッちゃんに氷柱のプレゼント 天王寺動物園

 一年で最も暑くなる時期とされる「大暑」の22日、天王寺動物園(大阪市天王寺区)のメスのホッキョクグマ、「イッちゃん」(3歳、体長約2メートル)に果物が入った氷柱が贈られた。  北極圏に生息するホッキョクグマに、夏の暑さを乗りきってもらおうと、この時期に毎年実施している。

 この日は朝から気温が上がり、午前9時には大阪市で30度を超えた。午前10時過ぎ、好物のリンゴやパイナップルなどの入った氷柱(約40キロ)の前に、イッちゃんは氷柱をかじったり、プールに落として一緒に泳いだりしながらひとときの涼を楽しんでいた。

 夏休みで家族で訪れた、大阪府東大阪市の小学1年、西尾樹君(6)は「僕もかき氷が食べたい」と話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ