直虎歴史探訪コース増加 JR東海「さわやかウォーキング」

 JR東海の「さわやかウォーキング」。今秋は「おんな城主 直虎」をさらに盛り上げようと「直虎歴史探訪コース」を増やし、9月18日から12月16日まで計11回、ゆかりの史跡などを巡る。参加費は無料で、先着順で直虎バッジがプレゼントされる。

 さわやかウォーキングは駅前から沿線を散歩し、史跡などを巡って自然を満喫するJR東海のイベント。

 今秋の直虎歴史探訪コースは、9月18日の清水駅を皮切りにスタート。同23日は「浜名湖を望む、石畳の姫街道をゆく」(約7キロ)で、天竜浜名湖鉄道の西気賀駅から浜名湖を望める姫街道や遠州三名園の一つ「満天星の庭」がある長楽寺などを2時間弱で巡る。

 このほか、県内コースは入山瀬駅(身延線=10月1日)▽浜松駅(10月8日)▽気賀駅(11月4日・12月16日)▽高塚駅(11月18日)発の7回ある。

 各コースそれぞれに異なる直虎バッジがあり、9月は先着3千人。10月以降のコース詳細は、各開催日の約1週間前から同社ホームページで公開される。

 一方、11月11日以降の静岡地区のウォーキング参加者に先着順で「しずおか200万人達成記念バッジ」も用意されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ