「孤独死・ごみ屋敷」再現模型展示 終活イベント来場者から大きな反響 特殊清掃とは

 《墓石、霊きゅう車、棺桶(かんおけ)、葬儀──ここは“終活”ビジネスの展示会。そこに、目を引くブースがあった。「孤独死・ごみ屋敷ミニチュア展示中」と書かれたポップに導かれてのぞき込むと、かなりリアルで一見ぎょっとするようなミニチュアがあった。そこでは孤独死などの現場の様子が詳細に再現されているのだ。[青柳美帆子,ITmedia]》

「エンディング産業展2017」の一角で展示されていた「孤独死・ごみ屋敷」のミニチュア

「エンディング産業展2017」の一角で展示されていた「孤独死・ごみ屋敷」のミニチュア

 8月23~25日に東京ビッグサイトで開かれた「エンディング産業展2017」(TSOインターナショナル主催)。2015年開催の初回から年々出展企業が増え、今年は326社に上った。

 ミニチュアを展示したのは、遺品整理クリーンサービスを行うToDo-Company。制作した現場作業員を務める25歳の女性社員に、ミニチュアの制作意図と「遺品整理とはどのような仕事なのか」を聞いた。

「孤独死」「ごみ屋敷」ミニチュアを展示する理由

――ToDo-Companyはどのような会社なのでしょうか。

 弊社は1999年に創業しました。メインとなっているのは遺品整理クリーンサービスです。孤独死・自殺物件の清掃、遺品整理、ごみ屋敷の片付け、生前整理などを扱っています。「遺品の棺桶」という、遺品の中から故人やご遺族が大切にしていたであろうものをまとめ、ご遺族の方に渡すサービスも展開しています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ