お手柄警察犬に警視総監賞 床下から拳銃発見、暴力団組員逮捕に貢献

 警視庁は28日、7月に埼玉県内の暴力団組員宅の家宅捜索で床下から拳銃を発見し、銃刀法違反(加重所持)容疑での組員逮捕に貢献した警察犬のラブラドルレトリバー「ムーンロケット号」(雄、3歳)に警視総監賞を授与した。

 組織犯罪対策5課によると、ムーンロケット号は銃器と薬物の両方を捜索できる「ハイブリッド犬」。同課が7月7日に実施した家宅捜索で、反応を示した床下からポリ袋に入った拳銃1丁と実弾が見つかり、逮捕につながった。

 ムーンロケット号は5月にも別の事件の捜査で、東京都江戸川区にある公園の地面から拳銃2丁と実弾を見つけている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ