石原裕次郎記念館、26年の歴史に幕 浅野謙治郎館長「惜しまれるうちに」 小樽

 昭和の大スター、石原裕次郎さんの愛用品を展示している北海道小樽市の「石原裕次郎記念館」が31日、26年の歴史に幕を閉じる。施設が古くなり、来館者も減ったことから「裕次郎さんらしく、惜しまれているうちに終わりたい」(浅野謙治郎館長)と閉館を決めた。

 最終日は午前9時の開館前から数百人が列をなし、裕次郎さんの思い出を語り合う人たちの姿も。60年来のファンという札幌市北区、無職、泉谷幸子さん(75)は「裕次郎さんは私の青春の象徴。映画の衣装などを見ながら、青春時代の思い出に浸りたい」と感慨深げ。午前6時から待ち続けたという新潟市中央区のパート従業員、山口房子さん(67)は「閉館を聞き、何としても来ないといけないと思った。今日で一つの時代が終わるような気がして寂しい」と惜しんだ。

 31日は妻のまき子さんや俳優の舘ひろしさん、神田正輝さんらが来館し、最後に花を添える。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ