鉄も溶ける超高温の惑星発見! 太陽系外惑星の驚異の世界

【びっくりサイエンス】

 太陽系の外側にある太陽系外惑星は約20年前に発見されて以来、想像を超える多彩な姿が次々と明らかになってきた。今年6月には日本などの国際研究チームが観測史上最高の表面温度を持つ惑星を発見。恒星に匹敵する超高温で、惑星の概念を覆す成果として注目を集めている。

■恒星並みの高温、惑星の常識を覆す

 見つかった超高温の太陽系外惑星は、地球からはくちょう座の方向に650光年離れた場所にある恒星「ケルト9」の周りを回る「ケルト9b」。昼間の表面温度は、鉄の融点である1539度をはるかに上回る4300度に達する。米オハイオ州立大や東大、国立天文台などのチームが発見した。

 ケルト9の温度は約1万度で、そこから地球と太陽の間の約30分の1という至近距離を回るため高温になっているという。太陽に近い水星や金星でも表面温度は400~500度程度なので、太陽系では到底考えられない超高温だ。

 約6千度の太陽には及ばないが、3000~3500度のオリオン座のベテルギウスやさそり座のアンタレスを上回る恒星並みの温度だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ