本能寺の変、明智光秀「動機」めぐり議論白熱 新史料発見で専門家

 天下統一目前の織田信長を殺害し、激動の渦中にいた武将、明智光秀が室町幕府の再興を図っていたことを示す新史料が発見された。調査に当たる三重大の藤田達生(たつお)教授(日本史学)は「素直に読めば、光秀が自ら天下人になろうとした単独謀反説は成立しない」と解説するが、室町幕府再興の事前計画説には専門家からは疑問の声も上がっている。

 光秀の書状「土橋重治(しげはる)宛光秀書状」が書かれたのは天正10(1582)年6月12日。淀城(京都市伏見区)周辺にいた光秀が、反信長派の雑賀(さいか)衆リーダー・土橋重治から受け取った密書への返信と推察される。藤田教授らが今年5月から調査し、花押や筆跡が一致したため光秀の書状と判断した。

 室町幕府最後(第15代)の将軍の座を追われた足利義昭は当時、鞆(とも)(広島県福山市)にいた。書状は味方の情勢などを伝えた後、「詳細は上意(義昭)からご命じになられるとのことです。(私からは)申し上げられません」と結ばれている。

 藤田教授は「分をわきまえた光秀らしさがにじみでている」と書状の印象を述べ、「(信長に追放された)天正元(1573)年をもって室町幕府滅亡とされるが、書状は幕府の権威が健在だった事実を突きつけている」とも話す。

次ページ「戦国時代に入ると、足利将軍が京都を追われることはよくあった」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ