蔵造りの町に新風 埼玉・川越にチョコ専門店 「ここだけの味楽しんで」

 蔵造りの街並みで知られる川越一番街商店街(埼玉県川越市)にチョコレート専門店「川越ショコラ ブロマージェ」が13日、オープンした。和風の商店が多い同商店街にチョコレート専門店ができるのは初めて。佐藤正市店長は「川越の町に新風を吹き込みたい」と意気込んでいる。

 同店の目玉商品は、総カカオ固形分35%以上などの国際規格を満たした「クーベルチュールチョコレート」を使用した「フォンダンショコラ」。生地の風味と溶け出してくる内側のチョコレートが口いっぱいに広がる。珍しいカレー味や、同市にちなんだしょうゆ味、芋けんぴ味など計16種類のチョコレートが販売されている。

 経営するセイワ食品(茨城県)は昭和56年創業以来、チョコレート加工品を製造してきたが、今回初めて本格的に店舗を構えた。長津正則社長は「伝統の街、川越に根付けるような店にしたい、ここでしか食べられない味を楽しんでほしい」と呼びかけた。

 川越一番街商業協同組合の落合康信理事長は「一番街商店街はこだわりのお店の集合体。これまでにないこだわりのお店ができるのはいいことだ」と期待を寄せた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ