客室のドア前まで荷物を届けるロボット、品川プリンスホテルが公開 「新しい驚きと発見を提供したい」

 プリンスホテルは9月14日、品川プリンスホテル Nタワーに10月2日から導入するデリバリーロボット「Relay」(リレイ)を報道陣向けに公開した。障害物を回避しながら室内を自立走行でき、客室のドア前まで無人で荷物を届けられる。

 Relayは部屋へ荷物を届けることに特化した自立走行型ロボット。米シリコンバレーに拠点を置くロボットベンチャー企業のSaviokeが開発した。

 一連の動作はこうだ。客から荷物の運搬を依頼されたホテルの受付スタッフが、PCから部屋番号などを入力して指示を出す。するとRelayは充電スポットから荷物受け取り位置まで移動するので、スタッフは荷物をRelayの荷物入れにセットする。荷物を乗せたRelayは人間が使うエレベーターに自分で乗り降りし、指定された客室前まで自走する。

 客室前に到着すると、Relayは室内に電話をかける。客が電話に出ると「お待たせいたしました。ぼくがデリバリーロボットです。お届けものに参りました。ドアを開けて、お受け取りをお願いいたします」という音声が流れ、客がドアを開けるとRelayが目の前に。客が荷物を取り出すと、自動で充電スポットに帰って行く。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ