“ゾウガメ失踪”騒動に思わぬ波紋 無事発見も…ネット上で心ない批判、関係者戸惑う

【山陽の議論】

 岡山県玉野市の民間動物園「渋川動物公園」のゾウガメが8月初めに一時行方不明になり、園近くの山中で15日ぶりに発見された騒動が思わぬ波紋を呼んでいる。同園が発見者に懸賞金50万円を用意し、捜索や報道が過熱したことも影響してか、ネットを中心に「話題づくりのための自作自演では」などと園や発見者を中傷する声が出ているのだ。園では見つかったゾウガメ目当ての家族連れ客などが急増したが、行方不明や発見に至る経緯には謎が多く、騒動後の心ない批判もあって、関係者は戸惑いを隠せない。(横山一彦)

 行方不明になったのは、アルダブラゾウガメの「アブー」。園によると、体長約1メートル、体重約55キロの雌で、推定約30歳。性格はおとなしく、人に危害を加えることはないといい、開園中は放し飼いにしている。

 8月1日午前11時半ごろ、職員がいなくなっているのに気づいた。同8時45分ごろ、入園ゲートから園外に出る姿が防犯カメラに写っていたという。

 その後は周辺の入念な捜索にもかかわらず見つからなかったが、16日に岡山市の親子が近くの山中で発見、園に知らせた。親子は、園が14日から懸賞金50万円を用意したのを知り、捜しに来ていた。「茂みの中で甲羅が見え、のそっと歩くアブーがいた」(父親)という。

次ページ「自力で猛暑の中を生き抜いたアブーに会いたい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ