値上げのヤマト、佐川、日本郵便 お得な節約術とは

 日本郵便が9月5日、ゆうパックの基本料金を来年3月から平均12%値上げすると発表した。すでに業界シェア1位のヤマト運輸が10月に基本料金を平均15%、2位の佐川急便も翌11月に値上げすることを発表しており、日本郵便の追随で大手3社すべてが値上げする形となった。

 「背景にあるのは、“物流クライシス”と呼ばれるほどの配送物の急増です。アマゾンや楽天などの通販に加え、ヤフオク!やメルカリなど個人間取引が盛んになり、現在、宅配各社は運びきれないほどの荷物を常時抱えている状況なのです。そのため配達員のモチベーション維持や人手不足の解消のために、値上げするしかないんです」(全国紙記者)

 国土交通省によれば、2016年の宅配便の総取扱個数は40億個。前年から2億個も増えており、これは前述の通り、企業だけでなく個人間の取引が激増したことが原因とされている。日頃から頻繁に利用する主婦としては、今回の値上げは家計を直撃する大きな問題である。

 そこで大手3社のサービスを研究。すると、お得な節約術が見えてきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ