中国激安サイト「いいね」1千件が2円 フォロワーなど販売横行 フェイクニュース拡散で世論操作も

 短文投稿サイト「ツイッター」などのSNS(会員制交流サイト)で、投稿者の継続的な読者を示す「フォロワー」の数や投稿内容への支持を表す「いいね」と呼ばれるポイントなどを販売するサービスがインターネット上で横行している。1000件分の「いいね」の販売価格が2円の中国激安サイトも存在。こうした数字は、投稿者の人気度や信頼度の指標として扱われ、広告、宣伝などに利用されることも多く、SNSの運営会社は規約で売買を禁止するなど対策に乗り出している。(社会部 福田涼太郎)

購入ばれないように…

 「第3者にフォロワー購入がわからない様に時間をかけてフォロワーを増やしていきます」

 「日本最大級」をうたうツイッターのフォロワー販売サイト。「プレミアム」と銘打った商品の概要を説明したページには、1日100人前後のペースでフォロワー数を増やし、“操作”が発覚しないよう配慮していることが強調されている。フォロワー1000人分で4500円。クレジット決済も可能だ。

 手間によって価格が変わり、1日にフォロワーを1000~1500人分増やす通常商品はプレミアムより割安となる。2500人分で2400円、1万人分で8800円、最大12万人分で9万7000円。国籍を問わなければ、外国人フォロワー1万人分で3400円とさらに割安だ。

 このサイトでは、ツイッター上で別人として活動するための新規アカウント、情報を拡散するためのリツイートのサービスに加え、動画共有サイト「ユーチューブ」の動画再生回数なども購入できる。

 サイトのトップページには「一般ユーザー様・企業様・芸能関係者様を中心に幅広いご支持を頂き、毎月600件以上ご購入頂いております」とのPR。ただ取材を申し込むと、運営会社は「現在、お受けしておりません」と答えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ