小池百合子都知事、22年ぶり女性副知事任命へ 知事続投へ足場固め?

 国政新党「希望の党」代表を務める東京都の小池百合子知事が、都政としては22年ぶりに女性副知事を任命する人事案を固めたことが29日、関係者の話で分かった。小池氏は、希望内で高まる衆院選出馬待望論に対して「都知事として衆院選を戦う」などと繰り返し出馬を否定。この時期の副知事人事着手に、都庁内からは「女性活躍を掲げる知事の強い意向が反映された人事案だ。都政を投げ出すことはないのではないか」として、都知事続投への足場固めとの見方が出ている。

 小池氏が新たに副知事任命を検討しているのは猪熊純子・会計管理局長と長谷川明・政策企画局長の2人。猪熊氏が任命されれば鈴木俊一知事時代以来、22年ぶりの女性副知事誕生になる。現在、4人いる副知事のうち、安藤立美、中西充、山本隆の3氏は退任し、当面は、留任する川澄俊文氏との3人体制となる見込み。ある都幹部は「知事は民間からの副知事登用を見据えて、当面、3人体制とするのだろう」とみている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ