イシグロさん特需「3連休に読みたい」 著作売り切れ続出、版元は大量増刷…

 ノーベル文学賞受賞が決まった英国人作家、カズオ・イシグロさん(62)。日本にルーツを持つ作家への注目度は高く、著作が早々に売り切れてしまう書店も。邦訳を刊行する出版社は緊急の増刷を決めるなど対応に追われた。

 東京都千代田区の三省堂書店神保町本店は入り口に近い棚に、英語版も含めたイシグロさんの著作約50冊を陳列。「ノーベル賞受賞おめでとうございます」と書いたパネルも掲げた。

 午前10時の開店と同時に入店した客たちが次々と購入。約1時間半後には日本語版は売り切れ、店員に問い合わせる客の姿も。東京都内に住む日本語教師、西己加子さん(50)は「代表作の『日の名残り』を買いたかったが、どこも売り切れ。3連休に読みたいので、別の店で探します」と話した。

 副本店長の松下恒夫さんは「物語は重厚だが、決して難解な作風ではないので読者層の広がりが期待できる。この明るいニュースをきっかけに、書店に足を運ぶ人が増えてくれれば」と期待する。

 ネット通販大手「アマゾン」の「本」の売れ筋ランキングでも「日の名残り」「わたしを離さないで」といったイシグロさんの作品が上位7位までを独占(6日午後6時現在)。「一時的に在庫切れ」「入荷時期は未定」などの表示が出ており、すぐに購入するのは難しくなっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ