妖怪と一緒に写真を撮ろう 岩手・遠野でイベント

 民俗学者、柳田国男の「遠野物語」の舞台として知られる岩手県遠野市で、現実の空間の一部に仮想空間を重ね合わせる拡張現実(AR)の技術を使って、妖怪と一緒の写真が撮れるイベント「遠野で妖怪ともだち大作戦」が開かれている。11月30日まで。

 妖怪の出現スポットは、JR遠野駅前やカッパ淵など市内12カ所。指定されたアプリが入ったスマートフォンを看板の文字や案内板に貼られたシールにかざすと、画面上にカッパや座敷わらしなどが現れ、実際の風景や人物と合わせて撮影できる。

 撮った写真を専用サイトに投稿するとポイントを獲得。フェイスブックやツイッターなど会員制交流サイト(SNS)にアップして、見た人から気に入ったことを示す「いいね」などの反応があると得点がさらに増え、上位40人に市の特産品がプレゼントされる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ