過疎地の給油所確保へ「下仁田モデル」 全国初、群馬で現地調査

 人口減少による過疎化で急速に数を減らす地域の給油所(ガソリンスタンド)の確保について、経済産業省が全国で初めて支援計画の策定先として群馬県下仁田町を選定、町と初会合を開き現地調査に入った。給油所は災害時に不可欠な燃料供給基地となり、減少回避は全国的な課題。同省では「各地のモデルとなるようにしたい」としている。(久保まりな)

 経産省が下仁田町と初会合を開いたのは9日。調査分析を行う三菱総合研究所(東京都)チームも現地入りし、給油所や道の駅、温泉を視察し、給油所からの距離や集落の立地状況などを見て回った。下仁田は東西20キロ、南北15キロと比較的広いが、町によると、給油所は2カ所だけ。同省では「典型的な過疎地域で、全国のモデルになりうる」と下仁田を選定した。

 全国的には、過疎地対策で町営給油所として再建した例や、地元企業が合同会社を設立し廃業を回避し継承した例がある。県内でもみなかみ町で平成24年、藤原地区唯一の給油所が存続危機に陥ったが、住民の要望で町や商工会が引受先を探し、地元企業3社が100万円ずつ出資し合同会社を設立。町も資金援助をし引き継いだ事例もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ