「仲間を守る一言」最優秀賞 少年の主張全国大会 新潟県立燕中2年、平沢幸芽さんに栄誉

 東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで12日開かれた「第39回少年の主張全国大会」で、いじめをなくしたいとの思いを訴えた新潟県立燕中等教育学校(燕市灰方)の2年、平沢幸芽さん(14)の「仲間を守る一言」が最優秀の内閣総理大臣賞に輝いた。本県代表の同賞の受賞は第2回の昭和55年以来、37年ぶり。一夜明けた13日、平沢さんは同校で「本当にうれしい。支えてくれた家族や先生方に感謝したい」と受賞を喜んだ。

 (松崎翼、写真も)

 いじめは命を奪う可能性もあり、なくさないといけない。この思いを伝えたいと、約1カ月間考え抜いて原稿を書き上げたという。担任の込山伸也さん(37)の指導を受けながら発表の練習を重ねた。

 13日登校すると、教室の黒板には「おめでとう」の大きな文字。クラスメートから祝福され「感動した」と顔をほころばせた。

 全国大会では「とても緊張して、少し間違えてしまった」と苦笑いする。会場で晴れ舞台を見守った母の弥生さん(48)は「750人の前で堂々としゃべり、すごかった」と、娘の成長ぶりに目を見張ったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ