チバニアン 日本チームの会見詳報「負けたら雲隠れしようかと…」「天然記念物指定に期待」

 イタリアとの争いを制し、約77万~12万6千年前の年代を「チバニアン」(千葉時代)と命名できる見通しになった日本の研究者チームは14日、都内で会見し「本当にほっとした」などと感想を語った。主なやり取りは次の通り。

 --率直な感想を

 岡田誠・茨城大教授「これからの本選に進むことができたという位置付けだ。今後は3段階の審査が行われ、地質年代の基準地としてふさわしいか決められることになる。第1次審査で落とされたらおしまいだったので本当にほっとしているが、最終審査で駄目になった例もある。気を引き締めていきたい」

 亀尾浩司・千葉大准教授「メールで連絡をもらった。よかったなと思ったのが最初の感想だ。まだやらなければいけないことがいっぱいあるので、それがすぐに気になった」

 久保田好美・国立科学博物館研究員「正直、とてもうれしいなと思った。研究人生の中で、こういうことに関われるのは非常にいい機会なので、今後も研究をどんどん頑張っていきたいと思っている」

 岡田氏「たぶん、決選投票になるだろうと思っていた。やはり候補が3つあって、6割以上の票を獲得するというのはかなりの差がつかないといけないので、まだしばらく待つのかなあと。もちろん、負けるということも可能性としてあったので、そうなったら雲隠れしようかと思っていた。まさか1回で通るとは思っていなかった。だから、申請メンバーはみんなびっくりしている」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ