自宅でバー気分。秋の夜長にたのしむウイスキーの必需品(PR)

 秋の夜長はウィスキーが似合う季節。いつもよりちょっと高級なウィスキーを片手に好きな本を読みながら、または録り溜めた映画やDVDを鑑賞しながらちびちびと…。そんな至福の時間がより充実するとっておきのアイテムを紹介します。<産経netshop>

 東京・六本木にあるウィスキーバー「ミズナラカスク」のオーナー、篠崎喜好さんいわく、おいしいウィスキーを飲むコツは事前の“準備”にあります。中でも重要なのは氷とグラス。篠崎さんは、「ウィスキーをおいしく飲むには氷がポイント。ぜひコンビニなどでロックアイスを買ってきてください。家庭の冷蔵庫の製氷機で作る氷とは格段に味に差がでます」と話しています。

 バーで飲むウィスキーがおいしいのは氷の質が違うから。ミズナラカスクでは、専門の製氷業者が数日かけて作る密度が濃くて溶けにくい氷を使っています。家で飲む場合は、様々な不純物が含まれ、白く曇って溶けやすい冷蔵庫の製氷機で作った氷ではなく、ロックアイスを使うのが鉄則。「買ってきたロックアイスを冷凍庫でさらに冷やして氷を締めてから使うとよりおいしくなりますよ」(篠崎さん)。

 さらに氷にこだわるならバーで飲むウィスキーのように、ロックグラスの中でコロンと揺れる球体の氷が家で再現できる製氷器「POLAR(ポーラー)アイストレイ」(4978円)を使うのもおすすめ。バーテンダーのようにアイスピックで削るのは至難の業ですが、誰でも簡単に水道水で透明な真ん丸い氷を作ることができます。

<産経netShop>

生涯を添い遂げるグラス ロック f チタンコート(産経netShop)

POLAR(ポーラー)アイストレイ(産経netShop)

<産経netShop楽天店>

生涯を添い遂げるグラス ロック f チタンコート(産経netShop楽天店)

POLAR(ポーラー)アイストレイ(産経netShop楽天店)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ