花屋さんの店先に青い花がたくさん並ぶ日

【びっくりサイエンス】

 今年7月に論文発表された世界初の「青い菊」が今月22日、茨城県つくば市の農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)でお披露目された。15系統の菊で青色化に成功し、バラやカーネーション、ユリなどにも同じ手法が応用できる可能性があるとしており、青い花が生活に新たな彩りを与えてくれそうだ。

 国内市場の3割を占める菊

 本来の色ではない青い花を人工的に咲かせた例は、サントリーグループがオーストラリアのベンチャーと共同開発した青いカーネーションやバラが知られる。しかし、国内の切り花の産出額でみると、実はカーネーションとバラを合わせても市場全体の15%に過ぎず、菊は31%とダントツだ。また、今回の技術は、従来の青色化とは原理も一部違っているため、市場に新たなインパクトを与えるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ