足がクサイと気絶する犬型ロボ「はなちゃん」 新型は片足あげて消臭剤を噴射!

 足が臭うと気絶する犬型ロボット「はなちゃん」を、ベンチャー企業のNext Technology(福岡県北九州市)が「2017国際ロボット展」(11月29日~12月2日、東京ビッグサイト)に出展している。臭う場所を見つけると片足を上げ、お尻から消臭剤を噴射する新型「Cleaning Dog はなちゃん」(非売品)も初披露した。

 はなちゃんは、鼻の先にガスセンサーを搭載。ユーザーが靴下のニオイをかがせると、アミン系、硫黄系の悪臭物質を検知する。測定結果に応じて(1)いい匂いの場合は「すり寄る」、(2)可もなく不可もない場合は「ワンワンと吠えるだけ」、(3)臭う場合は「力なくゆっくりと崩れ落ち、気絶する」-と反応が変わる。

 29日から同社サイトか電話で予約を受け付ける。価格は3万5000円から(カラーや毛の種類によって変動)。

 “気絶”機能の代わりに、消臭機能を備える新型も開発した。悪臭を感じ取ると、マーキングするようにお尻から消臭剤を勢いよく放つ。ユーザーの足の臭いではなく、部屋の臭いを抑えるために活用してもらう考えで、開発を進めているという。将来はバッテリーを搭載し、家庭内を歩き回れるようにする。発売時期、価格は未定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ