「世界の人々をつなげる賞で大変名誉」 ノーベル文学賞のカズオ・イシグロさんが記者会見

 【ストックホルム=岡部伸】ノーベル文学賞に選ばれた長崎県出身の日系英国人作家、カズオ・イシグロさん(63)は10日の授賞式を控えた6日午後、スウェーデンのストックホルムにあるスウェーデン・アカデミーで公式記者会見し、ノーベル賞は、世界が分断される時代に「人々をつなげる賞で、受賞は大変名誉」と語った。

 日本人の両親の間に生まれたイシグロさんは、父の仕事の関係で5歳で渡英、80年代前半に英国籍を取得し、英語で執筆している。

 いつもの黒一色のスーツにグレーのネクタイで会見に臨んだイシグロさんは、多くの日本の報道陣に「日本語で話せなくてスミマセン」と挨拶。受賞内定後、日本で多くの人が歓迎して祝福してくれたことに「日本生まれの英国育ちの国際人として大変うれしい」と語った。

 また「私の一部は日本人」と強調、「英国にいながら日本人の家庭で育ったことは、物語作りに欠かせない。周りの英国人と違った視点で、世界を見ることができた」と述べ、改めて日本にルーツがあることを「誇りに思う」と話した。

 ノーベル賞は、「(5歳まで)長崎に住んでいたときに母親から世界の何かを象徴する大変な賞と聞かされてきた」と語り、英国の欧州連合(EU)離脱などで世界が分断される危機に直面する中で、「世界の人々が一つにつながる賞。それを受賞することは大変名誉だ」と喜びを語った。

 しかし、今回の受賞で、「自分の創作活動に特別な影響を与えるとは思わない。今まで通りに書いていきたい」と述べた。

 「母親が長崎原爆の被爆者になった」と公表したイシグロさんは、非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の平和賞受賞について「大変うれしい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ