8月6日「原爆の日」登校可能に 広島市教委、平和学習再開へ

 広島市の市立小中学校で今年、条例を理由に「原爆の日」(8月6日)を平和学習の登校日にできなかった問題で、市教委は6日、各校の校長判断で来年度以降、登校日にできるよう見直すと表明した。学校現場からは見直しに歓迎の声があがった。

 今年度は、国の地方分権計画の一環で、勤務に関する教職員への権限が市教委に移譲。従来は8月6日を「平和記念日」として休日にしていた市条例が学校現場にも適用され、原則として教員が出勤できず、今年は大半の市立小中学校で8月6日の平和学習を見送ったり、別の日に変更したりして対応した。

 しかし、学校現場では8月6日の平和学習への希望が強く、市教委は「来年度以降は各校判断で登校日にできないか再検討したい」として文部科学省と協議。その結果、平和学習を各校の校長判断で授業と位置づけ、学校行事とすれば、教員の休日勤務が法令上可能になると判断。近く各校に伝えることにした。

 学校現場は、今回の見直しを歓迎した。

 市小学校校長会会長を務める市立神崎小の高西実校長(59)は「8月6日の平和学習は、児童らが平和を考えるうえで成果があったと多くの校長が考えている。地域や児童の実態に応じ、創意工夫した教育計画を立てる環境が整った」。市立宇品小の森川康男校長(56)は「近隣の小中学校とも連携し、できれば来年度は8月6日に実施したい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ