戦艦「山城」「扶桑」発見の調査チームが戦艦の状況説明 駆逐艦「満潮」「山雲」「朝雲」も

 太平洋戦争中の1944年10月、米軍に撃沈された旧日本軍の戦艦山城や扶桑などとみられる5隻をフィリピン南部スリガオ沖の海底で発見した米資産家ポール・アレン氏の調査チームが7日、スリガオで記者会見し、船体の状況を説明した。調査ではほかに駆逐艦満潮、山雲、朝雲とみられる船体も見つかった。周辺海域には重巡洋艦最上も沈んでいるとみられるが、海流が強く今回は発見に至らなかった。

 調査に協力したフィリピン国立博物館関係者は6日、取材に「船体をどうするかはまだ決まっていない」と話した。日本の国立公文書館アジア歴史資料センターや防衛関係者によると、山城と扶桑は姉妹艦でいずれも全長約200メートル、幅約30メートル。満潮などとスリガオ海峡からレイテ湾に入ろうとしたが、米軍の攻撃により沈没した。

 アレン氏は米マイクロソフトの共同創業者。2015年には、米軍の攻撃を受けフィリピン中部シブヤン海に沈んだ戦艦武蔵とみられる船体も発見した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ