青森のブサかわ犬「わさお」は育ての“母”の遺言を守った! でも気になる今後…

 「ブサかわ犬」(不細工だけどかわいい犬)と人気を呼び、映画にもなった青森県鯵ケ沢(あじがさわ)町の秋田犬「わさお」(推定10歳)の飼い主、菊谷節子(きくや・せつこ)さんが先月30日、間質性肺炎のため、同県弘前市内の病院で亡くなった。73歳だった。“わさおの母さん”として親しまれた菊谷さんにとって、わさおは生きがいだった。一方、主を失ったわさおは、いつもと変わらない様子で過ごしているというが、菊谷さんはきっと天国でわさおをずっと見守っているに違いない。菊谷さんとわさおはいつまでも固い絆で結ばれている。

 同町内でイカ焼き店を経営していた菊谷さんが平成19年秋、迷い犬だった長毛の秋田犬を保護した。生後5~6カ月だったという。翌年、個人ブログに不細工だけどかわいい犬「ブサかわ犬」として掲載され一躍、脚光を浴びるようになった。テレビのバラエティー番組で紹介され、全国区の人気犬となった。

 わさおは菊谷さんとともに町内外の催しや東日本大震災のイベント、ボランティア活動に積極的に参加し、多くの人たちに親しまれた。23年には女優の薬師丸ひろ子さんが菊谷さん役を務めた映画「わさお」が上映された。菊谷さんのイカ焼き店は連日、わさおを見に来る人が訪れるようになり、わさおと朗らかな人柄の菊谷さんは全国から人気を博した。わさおと菊谷さんはまさに母と息子のような関係だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ