大みそかは雨具の準備を 初日の出は微妙? 気象庁が年末年始の天気予報を発表

 気象庁は28日、29日から1月4日までの週間予報を発表した。日本海側は曇りや雨、太平洋側は晴れが多いが、大みそかは東北以南のほとんどの地域で曇りや雨の予報で、出掛ける際は防寒や雨具の準備が必要だ。

 気象庁によると、年末年始は、北海道から中国地方までの日本海側や、本州の山沿いでは、冬型の気圧配置や気圧の谷がかかる影響で、曇りや雨、雪の日が多くなりそうだ。九州北部でも、前半は晴れるが中ごろから曇りや雨が多くなる。

 太平洋側は高気圧に覆われて各地で晴れる日が多いが、大みそかは気圧の谷の影響で曇りや雨の予報になっていて、初日の出が見られるかは天気の回復次第になる。沖縄・奄美は全体を通して曇りがちで、雨が降ることもありそうだ。

 気温は、北海道では平年並みか平年より高い日が多くなるが、それ以外では、平年並みか平年より低い地域が多いと予想されている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ