【新春ガイド】山形の初詣・イベント

 ◇熊野大社1200年の歴史を誇り、日本三熊野の一つに数えられ東北の伊勢とも称される。本殿裏にうさぎが3羽隠し彫りされており、その3羽すべて見つけると願いがかなうと言い伝えられている。31日午後2時から年越大祓式、1日午前0時から元旦祭。JR赤湯駅から車で5分。(電)0238・47・7777。

 ◇上山城元旦登城午前7時から午後4時15分まで。三吉山からの日の出は例年午前7時半頃。先着300人の入館者に記念品をプレゼント(小・中学生は玉こんにゃく券)。「新春上山城邦楽の調べ」は1日午前11時からと午後2時から上山城多目的ホールで。入館料大人410円、学生360円、小人50円。JRかみのやま温泉駅から徒歩12分。(電)023・673・3660。

 ◇醍(だい)醐(ご)地区慈恩寺大晦日花火大会「雪月華」31日午後11時40分から慈恩寺活性化センター前で行われる。約600発の花火を打ち上げ、除夜の鐘を聞きながら冬の夜空に広がる大輪の花火が楽しめる(強風の場合は1~3日の間に打ち上げ)。本堂に続く仁王堂坂を灯篭(とうろう)で照らしライトアップも。寒河江ICから車で15分。(電)0237・87・1302。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ