箱根駅伝、ドラマ誕生を支えるクルマが気になる

《[加納由希絵,ITmedia]》

 お正月の風物詩といえば、箱根駅伝。毎年1月2日と3日に繰り広げられるドラマに注目している人も多いだろう。記者もその1人だ。

 正式名称は「東京箱根間往復大学駅伝競走」(関東学生陸上競技連盟主催)。2018年で第94回となる、歴史ある大会だ。関東学連に加盟する大学のうち、前年の大会で10位以内に入った10校と、予選会を勝ち抜いた10校、出場しない大学から選ばれる関東学生連合チームの計21チームが出場する。

 東京・大手町と箱根・芦ノ湖の間を10人でつなぐ往復217.1キロ、10時間にも及ぶレースを毎年じっくり見ていると、勝負の行方以外にも気になることがある。

熱戦まであと少し(写真は記事と関係ありません)

熱戦まであと少し(写真は記事と関係ありません)

「たすき」をかけたクルマ

 その1つがクルマだ。選手が走る路上には、チームメイトやボランティアスタッフ、先導する白バイ、観戦に駆け付けた人々、市街地から海、山へと変わる景色……など、さまざまな人や物が見られる。その中でもひと際目立つのが、選手と一緒に走るカラフルな車両だ。

 箱根駅伝で使用される車両は、11年の第87回大会から、全てトヨタ自動車が提供している。それ以前の数年間はホンダが提供していたが、そのころも一部はトヨタだった。車両だけでなく、運行ドライバーも派遣しているという(一部車両を除く)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ