「あいつらの会社は何でつぶれない」 あえて逆張り…自虐&本音満載フリーペーパー

【関西の議論】

 大津市内の若手事業主や商店主らがつくったフリーペーパーが、ひそかな人気を呼んでいる。商品でなく、経営者の人となりをユーモラスに、ときには自虐的に紹介した一風変わった編集が受けているのだ。例えば、「劇的ビフォーアフター ヘビメタ出身リフォーム職人」(工務店)、「三兄弟で一番ブサイク(な自分が美容師に)」(美容院)-といった具合。創刊2年目の平成28年にはフリーペーパー大賞2016(日本地域情報振興協会主催)の「新創刊部門」優秀賞を受賞。取り組みは、高齢化や顧客離れなど苦境にあえぐ地域商店街のユニークな振興策として注目されている。(杉森尚貴)

 あえてフリーペーパー

 企画、製作したのは、大津市北部の商工業者でつくる大津北商工会の青年部。量販店やインターネット通販の拡大により地域商業の地盤沈下が進んだことで、活性化策を模索。その中で思いついたのが、商店を幅広く店を紹介できるフリーペーパーの製作だった。山口雅史部長(39)は「僕らが商売できるのは地元のお客さんのおかげ。距離をもっと縮めようと思った」という。

 一般的に美容院の紹介など女性向けを対象としたものが多いフリーペーパーだが、同世代の30~40代の男性に狙いを設定。単なる店の広告でなく、読者が店に赴き、事業者を“いじって”会話のきっかけになる情報を盛り込むことにした。

次ページ有志が集まり、フリーペーパーづくりが始まった。だが…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ