ユーチューバーも「仮想キャラ」に 動画配信に密かなブーム

 グーグルの動画配信プラットフォーム「YouTube(ユーチューブ)」に自分で制作した動画を投稿する「ユーチューバー」が好調だ。歌などの特技やゲームの実況プレイを披露するだけでなく、スポンサー企業の商品を紹介して収入を得たり、再生回数に応じて広告収入を得たりと活躍の場をタレント並に広げている。

 そんな中、様々な架空の3DCGキャラクター「バーチャルユーチューバー」が人間のように出演する動画が注目を集めている。動画配信サービスを開発するエビリーが発表した「2018年にブレイクするユーチューバー」トップ10の半数をバーチャルユーチューバーが占めるなど、密かなブームが起きつつあるようだ。

人間の動きをデータ化しCGで再現

バーチャルユーチューバーの「シロ」

バーチャルユーチューバーの「シロ」

「メキシコの方からもコメントをいただくことになるとは」

 人気急上昇中のバーチャルユーチューバー「電脳少女YouTuber シロ Siro」の動画を制作するアップランドのディレクター、窪木誠さんは驚きを隠せない様子で話す。

 同社はスマートフォンアプリなどを開発するIT企業。リリース予定のゲームアプリのプロモーションとして、そのゲームに登場するキャラをイメージした美少女CGキャラクター「シロ」の動画を昨年8月から公開している。

 ファン数の目安となるユーチューブチャンネル登録者は今月30万人を突破した。海外人気も徐々に高まり、英語、韓国語、ポルトガル語などの字幕をボランティアで作るファンも現れている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ