最小ロケット、午後2時過ぎに打ち上げ 昨年失敗でJAXA再挑戦

 人工衛星の打ち上げ用としては世界最小級のロケット「SS520」5号機が3日午後2時3分、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県肝付町)で打ち上げられる。昨年1月の打ち上げ失敗を受け、再発防止を図った機体で再挑戦する。

 計画では打ち上げの7分30秒後、東大が開発した重さ約3キロの超小型衛星「トリコム1R」を高度205キロで分離。地球の撮影や地上との通信を行う。

 打ち上げは超小型衛星を低コストで運ぶ小型ロケットの実用化を目指す経済産業省のプロジェクト。高価な専用部品を減らし、家電や携帯電話に使う民生部品を活用した。打ち上げ費用は約5億円。この技術を民間に普及させ、宇宙ビジネスの拡大につなげる狙いがある。

 SS520は大気上層を観測する2段式の固体燃料ロケットとして開発された。5号機はこれを全長約9・5メートルの3段式に改良し、衛星の打ち上げを可能にした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ