国民栄誉賞 記者会見速報(1) 羽生善治棋聖「将棋を日々のコミュニケーションに」 井山裕太十段「囲碁を国と国とのつながりに」

 --2人の受賞で将棋、囲碁が注目されている。どのような世界にしていきたいか

 羽生「小さいお子さんから年配の方まで幅広い方が気楽に気軽に楽しめるものと思っている。日々の生活のなかのコミュニケーションやうるおい、気分転換として継続していってほしいなあと願っている」

 井山「囲碁は世界的にも普及していて、愛好家が多い。国境を越えて、国と国とのつながりに囲碁がお役に立てればうれしく思う。囲碁界全体として(普及に)努力していかないと」

 --棋士としての目標は

 羽生「将棋の世界というのは幅広い年代の棋士がいる。自分自身は棋士になってすでに30年の月日が流れているが、年代が上がっても、残せるもの、指せる将棋はあるのではないか。できうる限りの限界に挑戦していけたら」

 井山「まだまだ囲碁のことがわかっていないことが多く、のびシロがあると思っている。少しずつでも前進していけたらな、と。囲碁は世界戦があり、長い間日本勢は結果を残せていない。いい戦いができるように、日本の囲碁を復活というか、結果としても“やれるんだ”というもの示せるように頑張っていきたい」

 --安倍首相との懇談ではどんな声をかけられたか

 羽生「たいへんおめでとうございます、と。名誉ある賞をいただき光栄です、と」

 井山「私もそのように、はい…」

 --記念品は硯箱のセット。希望だったのか

 羽生「筆をつかって書く機会が多い。とても素晴らしい書に関する一式をいただいた。ただ、記念の品であるので、もったいなくて使えるかな、というのはあります」

 井山「私も書く機会が多い。もう少し、書の方も勉強しようかなと思っている」

=(2)に続く

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ