国民栄誉賞 記者会見速報(2)完 お互いの思い明かす 羽生棋聖「どんな記録、記憶作っていくか楽しみ」、井山十段「棋士として先を行ってくださり、心強い」

 --井山さんは今後も、伸びしろがあると語っていたが

 井山「将棋界もそうかもしれないが、AI(人工知能)の登場もあり、碁の内容が変わってきている時期。自分たちが正しいと思っていたことがどうなのか。自分も、碁を打っていて正解という手はなく、いろんな面で少しでも成長したい、分かるようになりたい。世界のトップ棋士と戦っていると、自分にないものを持っていると感じる。自分のいいところを伸ばしていければいい。世界でいい戦いをすることで、普及につながれば」

 --授与決定後、心境の変化はあったか。首相官邸での緊張感は

 羽生「たくさんのお祝いのメッセージやお花もいただいた。反響の大きさに、たいへんな賞をいただくことになったのだなあと実感した。今まで賞を受けることは、かなりあった方だが、きょうはちょっと緊張しました」

 井山「なかなか実感わかない日々が続いていた。対局もあり、考える余裕もなかったが、きょうの日を迎えることができた。今後もこの賞を励みに、ただあまり意識しすぎず自分のペースでやっていきたい」

 --長い歴史のなかで、特筆すべき強い人が同時代に2人いる。必然か、偶然か

 羽生「世代としては異なっている。勉強する方法、環境、私が育ってきた環境とは少し違う。どんな違いを生んでいるのか、機会があれば井山さんに聞いてみたい」

 井山「囲碁を覚えたとき、七冠だったのが羽生さん。まさか(自分が)プロになるとも、七冠を達成できるとも思っていなかったので、自分自身驚いている。七冠が不可能でないことを、先に羽生さんが示された。支えのようなものになった」

 --それぞれの強さとは?

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ