国民栄誉賞 記者会見速報(2)完 お互いの思い明かす 羽生棋聖「どんな記録、記憶作っていくか楽しみ」、井山十段「棋士として先を行ってくださり、心強い」

 --若手棋士に伝えたいことは

 羽生「将棋の世界は早いサイクルで若い人たちが出てくる。新しい人たちが出てくる可能性は常に存在し、たくさん出てくることが、歴史の継続につながる」

 井山「囲碁も若手の成長が著しい。下の世代と戦うことが増えてきた。大変だが、日本囲碁界としては頼もしく、世界をみたとき、そういう人たちが出てくることは喜ばしい。なんとか先頭に立って、世界に引っ張っていけるよう、努力しないと」

 --不調のときをどう乗り越えるか

 羽生「うまくいかないとき、結果が出ないときは、実力の場合もある。また一生懸命努力して次の機会をうかがう。やってることは間違っていないが形になっていないときは、気持ちを切り替えて、モチベーションが下がらないようにしている」

 井山「よく負ける世界。一つの勝ち負けにこだわりすぎないようにしている。負けるには原因があるので、反省は怠ってはいけないが、気持ちを長く引きづらないように、次に向かっていくのが、長い期間やるうえでは必要なのかな」

 --互いとご自身、似ているところ、違うところは

 羽生「デビューしてタイトルを取って勝ち上がるプロセスは共通しているが、井山さんは私の記録よりさらにすごいことを成し遂げている。思いつかないような独創的な手を打つ、指し続けるというのは、私と違うところかな」

 井山「これだけのことを成し遂げられても、一つの型にはまらず挑戦されている。(自分が)そうありたいと理想とする姿です」

(終)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ