ユズ、わさび、ポン酢…日本食材でフランス料理 パリで初のコンクール

 【パリ=三井美奈】日本の食材を使ったフランス料理の味を競う初の「日本の味コンクール」が13日、パリで行われた。日本の農林水産省が主催した。

 柚子、わさび、しらたきなど指定された日本食材の中から最低3品を使って、2時間以内に創作料理を作る仕組み。8人のフランス人若手シェフが腕をふるった。特に人気が高かったのは、ポン酢。オリーブオイルと混ぜてドレッシングにしたり、付け合わせの隠し味にしたりなどの使い方が目立った。

 優勝したのは、アルザス地方のレストラン「ル・パルク」のシェフ、シリル・ボナールさん(34)。受賞作は「海苔を添えたヒラメのディエッペ風(クリーム煮)」で、わさびで風味を付けたほうれん草を付け合わせにした。「バターのソースに米を入れ、コクをだしました。魚を蒸す時は、アルザス・ワインに日本酒を加えて香りに変化を付けた。フランス伝統料理に日本の素材を加えることで、新しい発見ができました」と話した。受賞した料理は今後、レストランで出す予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ