働き盛りの男性から広がる「風疹」 海外から帰国後に出社…職場で集団感染

風疹ワクチンの定期予防接種制度と年齢の関係

風疹ワクチンの定期予防接種制度と年齢の関係

 強い感染力があり、国内でも集団感染が5~8年ごとに報告される「風疹」。患者の7割が成人男性で、近年は職場で広がるケースも多い。感染してもほとんどの人は軽い症状だが、妊娠初期の女性が感染すると子供に難聴などの障害が出る恐れがある。今月は「風疹ゼロ月間」。産婦人科医らは「特に海外出張の多い企業・組織は、海外へ出かける社員にワクチン接種を受けさせて」と呼びかける。 (平沢裕子)

 風疹の原因である風疹ウイルスは、感染者のせきや会話したときに飛び散る微少の飛沫(ひまつ)(つば)に含まれる。このウイルスを吸い込むと2~3週間の潜伏期間を経て、高熱や発疹、リンパ節の腫れなどの症状が出る。

 風疹の流行で問題になるのは、免疫を十分に持たない妊娠初期の女性が感染すると、生まれてくる赤ちゃんに白内障や難聴、心疾患など「先天性風疹症候群(CRS)」という障害が出る可能性があるためだ。国立感染症研究所感染症情報センターによると、日本で風疹が大流行した平成24~25年にかけて、CRSの赤ちゃんが45人確認されている。

 赤ちゃんがCRSとなるのを防ごうと、厚生労働省などは「風疹ゼロプロジェクト」を立ち上げ、2月を「風疹ゼロ月間」と定め、予防のための啓発活動を行っている。

次ページインドや中国、インドネシアなど海外では依然として…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ