竹ねぶた、半世紀ぶりに復活 ねぶた名人・千葉さん再現「素朴な味わい楽しんで」

 半世紀ぶりによみがえった青森ねぶた-。第5代ねぶた名人の千葉作龍さん(71)=青森市=が、約50年前に姿を消した竹でねぶたの骨組みを作る技法を復元させた。子供のころ、師匠でもあった父親の手伝いをしながら作った記憶を頼りに制作した。千葉さんは「針金で作る現在のねぶたと違い、竹が織り成す柔らかい曲線、素朴さを楽しんでほしい」と話している。竹ねぶたは同市の「ねぶたの家 ワ・ラッセ」で展示されている。(福田徳行、写真も) 同館の企画展「よみがえる竹のねぶた」の一環として、千葉さんが今年に入って制作を始め、1月末に完成させた。

 千葉さんによると、ねぶたの原点である竹ねぶたは昭和30年代まで作られていたが、加工しやすい針金が普及したことで同40年代から次第に姿を消した。こうした貴重で素朴な竹ねぶたの技法を後世に伝えようと、スタッフ十数人とともに同30年にねぶた師で父親の作太郎さんが竹で作った「曾我五郎と御所五郎丸」(高さ約2メートル、幅約4メートル、奥行き約2メートル)を再現した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ